温泉地でのリゾートバイト。メリットとデメリット | ピンポイントアルバイト
ピンポイントアルバイト
2015年2月24日

温泉地でのリゾートバイト。メリットとデメリット

温泉地でのリゾートバイトのメリットはシーズンに縛られないことで、デメリットはきれいで広い客室のようなところを提供される場合は全く無いことです。
編集部

温泉地でのリゾートバイトのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

温泉ホテル・温泉旅館のほとんど全ての仕事に関係する

温泉地でのリゾートバイトは、温泉ホテル・温泉旅館のほとんど全ての仕事に関係するものと言ってもいいでしょう。例えば、温泉旅館の仲居さんの場合も、ほとんど女性のバイト・パートが仕事をしているというような場合も多くあります。仲居さんの仕事の他には、ベルボーイ・受付・などの接客、調理場での補助、浴場・客室の清掃、案内・送迎など、経理を除いてほとんど全ての仕事においてバイトが仕事をしています。

決まった休み時間の他は休めない場合が多い

温泉ホテル・温泉旅館のリゾートバイトの場合には仕事の無い時が場合によってはあるため、多く休み時間があるように考えられているそうですが本当はそうではありません。ほとんどの場合、案内係や清掃スタッフを接客スタッフが兼ねているとように、別の仕事を兼ねている場合が多くあり、決まった休み時間の他は休めない場合が多くあります。

温泉地でのリゾートバイトのデメリット

基本的に温泉地でのリゾートバイトは住み込みになるので、きれいで広い客室のようなところを提供される場合は全く無いと言ってもいいでしょう。また、食事も豪華な宿泊客のような料理ではなくて、従業員のための賄い料理になります。温泉に自由に入ることができるかについては、浴場を清掃する場合に宿泊客が利用できない場合や従業員だけの浴室などを使うと可能です。しかしながら、温泉ホテル・温泉旅館に従業員として仕事をしているため、基本的に待遇を宿泊客と同様に求めることは間違っています。また、温泉ホテル・温泉旅館でのリゾートバイトの場合は、厳しい礼儀作法などが要求されるため注意することが必要です。

温泉地でのリゾートバイトのメリット

一方、温泉地でのリゾートバイトのメリットの大きなものは、やはりシーズンに縛られないということです。 例えば、リゾート地でビーチサイドのものであれば夏のみ、スキー場であれば冬のみというように、一番の稼ぎ時がそのリゾート地ごとに固定されています。しかしながら、温泉地のリゾートバイトの場合は、一番のメリットが年中楽しむことができるため、シーズンに関係なくお客さんが年中訪れてきます。そのため、バイトが夏休みや冬休みにできなくても、温泉地でのリゾートバイトであれば春休みなどでも十分に仕事をすることができます。

Return Top